お知らせ
2019年04月01日(月)

幼稚園の健診についてのお知らせ:
これまで幼稚園児を対象とした耳鼻科健診が義務化されたことに伴い、市内4幼稚園の健康診断を行って参りました。父兄の皆様の中には、その折にお子さんの耳あるいは鼻の不調を指摘され、医療機関にかかられた経験をお持ちの方もいらっしゃるかと思われます。日頃、接する時間が多い親御さんや祖父母の方々はもちろん、保育士さんが不調を発見されることも少なくなく、周りの大人が協力してお子さんの健康状態、気持ちの状態、そして心身の発育の状態を見守り、病気の早期発見や対処に当たっていくことに大きな意義を感じて携わってきたつもりでした。
昨今、幼児保育の拡充と充実が図られる中、保育園だけでは希望されるお子さんを受け入れ困難な実情もあり、幼稚園が「こども園」という形でこれまでの3歳保育から未満児の受け入れに舵を切り始めています。その対応に力を入れられる姿勢は大いに評価したいところですが、いつの間にかその対応に経営努力の多くが割かれ、幼稚園からこども園に変わると法的な健診の義務が免除される、つまり健診料などの出費が不要になるという経営効率重視の姿勢で看板の架け替えを行うという姿勢が鮮明になりつつあるように感じます。本当にそこに耳鼻科医は「不要」なのでしょうか。
耳鼻科領域では保育園で既に大きな問題になった、幼少児の耐性菌による難治性中耳炎の問題などが存在するにも関わらず、比較的抵抗力があり健康保菌者となり得る年長児から抵抗力の極めて弱い乳幼児までが限られた空間で保育されることにより生じうる危険や病児保育の問題が改めて議論されることもなく無責任にもなおざりにされ、単に経営の負担を軽くする一点でまたまた子供たちが犠牲になろうとしているのですが、誰一人声を上げません。本当に日本という国は子どもを大切にしていない大人中心の国になろうとしていると感じています。これでは少子高齢化問題の解決に何の助けにもならないだけでなく、子ども達を安心して預けて社会参画するための場所が実は全く増えていないことを意味します。法的な義務がないから、経済的な負担から解放されるから、協力者は不要なのでしょうか??誰も助けてくれるものがいない国は呪っていれば問題は解決するのですか?
長文になり申し訳ありませんが、今一度、子供たちの安全・安心・健康のために私たちがすべきこと、心がけるべきことについてしっかりと考えていただきたいと思い、ここに意見を述べました。健診がすべてを解決するわけではもちろんありません。普段からの顔の見える、考え方の理解しあえる関係があって初めて、子供たちのために協力し合える関係も生まれます。在宅医療・地域医療と言われる分野と同じです。同じコミュニティ(共同体)の中で生活するものとして、それぞれがある時は中心となって、ある時は良きパートナーとなってお互いが住み良い環境を作っていくことが求められており、その不断の努力こそが現在抱えている様々な課題を克服できる力になると信じています。

2019年04月01日(月)

4月は様々な仕組みが変わり、さらに5月には新天皇が即位され新しい元号に変わるという大きな節目を控えています。今回の診療カレンダーの2ヶ月は何か特別な意味を持つ2ヶ月になります。
気分も新たに新時代を迎えたい、またその準備をしっかりと進めていきたいと思っていますので、今後ともよろしくお願い致します。

2019年01月30日(水)

新年のご挨拶が遅れまして、失礼致しました。平成最後の4ヶ月も1/4が過ぎ、あと3ヶ月で改元を迎えます。
新たな気持ちで新しい年号に改まってすぐに、アンジュが併設された長崎耳鼻咽喉科医院が5周年を迎えます。
現在の建物での診療をスタートする際にお約束したことのうち、まだ形になっていないこともありますが、
これからの5年間でできるだけ実現していきたいと考えておりますので、是非皆様のご助力を心よりお願い申し上げます。

2018年11月30日(金)

平成仕舞いの年末年始まで1か月ほどとなりました。
今年は夏の暑さと乾燥のためか、秋以降も乾燥の影響による鼻やのど(上気道)の不調と咳や声嗄れを訴えて来診される方が多くなっています。小学生を中心にインフルエンザと思われる症状で学校を休むケースも報告されていますので、気道が乾燥しないように、暖房する際は吸い込む空気の加湿をお忘れなく。具体的には入浴時はゆっくり湯気を吸い込む、蒸しタオルなどで湯気を吸い込む回数を増やす、温かい飲み物を口の中に含んでからゆっくり飲み込む、暖房で乾燥した室内に居る時(睡眠時を含む)あるいは温度差のある室内外を出入りする時などはマスクの着用も有効な方法です。
今冬は暖冬の長期予報が出されていますが、油断は禁物です。後に控えているスギ花粉も例年より多く飛散するとの予想がされていますので、体調管理を心がけて、できるだけ元気に冬を乗り切りましょう。

2018年10月01日(月)

9月23・24日の連休を利用して、6年間の大学生活を過ごした山形市に行ってまいりました。大学の同期会に私自身は卒業後初めて出席し、近況や思い出など話題は尽きない、楽しい時間を過ごしました。
 今年は、山形県も豪雨被害を受け、東日本大震災の際にも山岳部では地盤沈下の被害も受けましたが、今回散策した山形市内と郊外(大学附属病院のある飯田方面まで)に関しては、災害の影響はなかったように思います。しかし、30年以上経過するとまるで浦島太郎の様で、人生の1/10を過ごした場所なのに道路の立体化や街並みの変化に驚き、迷子になりそうでした。
 街は大きく変わり、人もおそらく色々な経験をして成長したり変化もしているのでしょうが、今回旧友達と再会し、瞬時に学生時代と同じように打ち解けて談笑する中に加わって、改めて友情と人間の普遍的な素晴らしさを感じました。これも糧に今後一層、生きることに精進したいと思います。

診療時間
受付時間
午前 9:00 ~ 12:00
午後 2:00 ~  6:00

土曜日午後は5:00まで休診日 木曜・日曜・祝祭日