お知らせ
2018年01月31日(水)

新年の挨拶が遅れましたが、本年も宜しくお願い致します。

年が改まってから、インフルエンザがA・B入り乱れて猛威を奮っております。当院でも周辺の内科・小児科ほどではありませんが、ほぼ毎日のように罹患者が来院される状況です。インフルエンザの流行にはいろいろな要因が絡みますが、ここ北陸での大きな要因の一つが部屋の機密性と電気を中心とした乾燥傾向の強い暖房器具の普及による空気の乾燥(気道の乾燥)だと思われます。今年のように雪が多く積り、湿気も強い年は、昔であればすきま風とともに屋内にも湿気が入り、ストーブなどで化石燃料を燃やすことである程度の湿気が出る上に、対流式ストーブの上には薬罐(やかん)を載せて蒸気を発生させるという方法で、二重三重の乾燥対策になっていたのですが、暖房効率、空気清浄化、安全性の問題から、真に清浄な乾燥した暖気を行き渡らせる暖房器具をメーカーが競って開発・改良してきたことと住宅の機密性が上がったことで、皮肉にも砂粒こそ飛んできませんが、砂漠で生活しているような環境が作り上げられたわけです。

インフルエンザだけでなく、一般的な風邪ウイルスや細菌感染も、気道に十分な湿り気があれば、ある程度退散してくれますので、手洗い・うがいだけでなく、乾燥対策にも力を入れていただくことをお勧めします。ただし、加湿器だけで安心してはいけません。お風呂や温かい飲み物から立ち上る湯気、温かいおしぼりタオルなどからの湿気も有効ですので、是非ゆっくりと鼻から吸い込んでみてください。

2017年11月28日(火)

いよいよ師走に入り、何となく気忙しくなってきておりますが、疲れが溜まることや、暖房による空気の過乾燥は様々な健康トラブルの原因となりますので、十分対策を採って、元気にお過ごし下さい。
さて、去る11月22日(水)滑川市医師会館で行われた『第2回医療と介護をつなぐ学習会』で『耳鼻咽喉科の在宅医療および嚥下障害』について講師を務めさせていただきました。まだまだ私自身勉強しなければいけないことが沢山ありますが、いろいろな機会に皆さんにとってより良い医療と介護の連携を目指して微力ながら貢献できたらと考えておりますので、ご指導・ご鞭撻のほど、よろしくお願い致します。

blog1

2017年09月29日(金)

平成29(2017)年も残すところ1/4ほどになりました。10月から市内在住の小児を対象としたインフルエンザ予防接種助成が、11月からは65歳以上の方を対象とした同接種助成が始まります。そろそろ年の瀬を意識しなければならない時期になりました。
例年、学会・講習会が10月~12月に集中して行われ、市内小学校7校の就学前児童健診が10月に行われ、県医師会および滑川市と市医師会の連絡協議会などの会合が集中するため、休診や午後の診療時間の変更など、いろいろご迷惑をおかけすることが多くなります。今年はさらに滑川市から介護保険認定審査会委員(年内にあと5回の審査会)と手話施策推進会議委員(11月に1回の会議)を、また県医師会の担当委員会(11月に1回の会合)が夕方にあるため、午後の診療時間が短くなる日が多くなりますこと、お詫び申し上げます。詳細な日程は本HPの診療カレンダーでご確認をお願いします。
 さて、私事で恐縮ですが、間もなく還暦を迎えることもありまして、先日子供達に手配してもらい、伊勢神宮外宮・内宮を初めて参拝し、心が洗われるような清々しい気持ちにさせていただきました。心新たに日々の診療に当たらせていただきますので、今後ともよろしくお願い致します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

診療時間
受付時間
午前 9:00 ~ 12:00
午後 2:00 ~  6:00

土曜日午後は5:00まで休診日 木曜・日曜・祝祭日