お知らせ
2019年10月01日(火)

今年はお彼岸を過ぎても暑さが残って実感がわきませんが、気が付けば衣替えの時期を迎えています。今朝も気象予報士の方が『夏物を 数枚残し 衣替え』と俳句?でアドバイスしていました。ご注意ください。
 さて、衣替えとともに10月から㈰消費税の2%アップと㈪幼児教育の無償化がスタートします。
  消費税の2%アップについては、これまで医療機関は一般の商店と違い、最終消費者という立場でしたので、窓口負担で消費税をいただくのは保険外診療の(自費で支払われる)方に限られており、これまでは保険診療を受けられる方には出来るだけ負担のないようになっておりました。ただし、「医療をより安全に」という社会的な要請もあり医療機関の負担は増え続け、運営そのものを圧迫し始めていることも事実であることを踏まえて、今回の増税分は診療点数の改訂という形で、窓口負担増をお願いせざるを得なくなりました。初診・再診料が引き上げられたことにより、初診で60円(3割負担の方で窓口18円)、再診の方で10円(同じく3円)のご負担増をお願いすることになります。計算上は1円の桁は四捨五入になりますので、初診の方は大体20円増(一部10円増)になると思われます。ご協力のほど、お願い致します。(尚、当院の場合、滑川市・富山市・中新川郡各町村にお住まいの中学生までのお子さん、県内在住のひとり親家庭の方ならびに心身障害で窓口負担の免除を受けておられる方は、従来通り窓口負担はありません)
  幼児教育の無償化については、以前も書きましたが、保育園の待機児童問題と絡めて考えていくと、従来型の幼稚園からこども園に拡充された施設では、やや性急に走った結果、最も大切にされるべき子どもの安全(特に健康面)への配慮が十分に行われているのか甚だ疑問に感じています。耳鼻咽喉科領域では、乳幼児が見た目では健康な年長児の持っている耐性菌などをもらって発症する難治性中耳炎や肺炎の問題が以前からあったのですが、施設によっては十分な配慮がされているのか、施設基準としてどの程度の配慮がされているのか少なくとも地域の医療者への十分な説明はないままになっていますし、病児・病後保育の基準や仕組みも必ずしも地域完了型とまでは言えず、あくまでも預かる側のモラルと知識に頼らざるを得ない実情になっていると考えます。これからの時代、少子化の解決のためにも「子どもは地域で健全に育てる」という意識が不可欠と考えますが、皆様はどのようにお考えになりますか?
 長くなりましたが、制度は変わっても人の健康や病気に関しては大きく変わるものではありません。皆さんに安心して受診いただけるように心がけてまいります。

10月には医師会の研修旅行、11月には日本耳鼻咽喉科学会専門医講習会(名古屋市で開催)があり、それぞれ臨時休診をさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、院内掲示およびホームページでご確認の上、ご協力頂ければ幸いです。

2019年08月01日(木)

今年は7月下旬になり、北陸地方もようやく梅雨明け宣言が出て、「さあ夏本番!」となるかと思いきや、お日様との挨拶もそこそこに猛暑だけがやって来たような感じで、何ともすっきりしない天候に身体の不調を訴えられる方がやや多いように感じます。熱中症対策としては必要ですが、エアコンや扇風機による乾燥しすぎにも十分注意して暑い夏を乗り切りましょう。
 今年の学校及び幼稚園の春の健診は、7月22日の希望幼稚園で無事終了致しました。次は秋の就学児健診が控えています。今年から3歳児健診以後、全く耳鼻科健診を受けていない子が大挙してきますので、少し思いやられますが・・・
 8月以降、新専門医制度に基づく講習会が相当数予定されており、診療を定時で終了させていただく日がかなり頻繁にあると思われます。できるだけ皆様の希望に添えるよう、また待ち時間も短くできるように努力致しますので、受診される時間帯も出来るだけ早めていただきますようにお願い致します。

2019年06月24日(月)

ここ滑川では市内各神社の夏祭りが終わり、行田(ぎょうでん)公園恒例の花しょうぶ祭りも終わって、いよいよ夏本番を迎えます。次の大きなイベントは7月13日(土)〜14日(日)のふるさと龍宮まつりです。かつてはY興業のブレイク寸前の芸人さん達がライブで盛り上げていましたが、マイナスのニュースが世間を騒がせているためか、今回のプログラムにはお笑いライブは載っていないようで心配ではありますが、相撲界が朝乃山の活躍で一気に盛り上がっているように、お笑いもまた本当に明るい営業ができるようになると良いですね。また、今回のまつりには私も少しだけ関わっている手話施策推進協議会の名前は残念ながら入っていませんが、ろうあ福祉協議会と手話サークルめばえの会の皆さんが『手話でHello&コーラス』という50分間のコーナーを設けておられます。盛り上がって、よさこいなめりかわにつながると良いですね。仕上げは『海上花火大会』。河川敷で行う所では難しい、海上ならではの三尺玉の迫力が今年も楽しみです。熱中症と事故(特に自動車並びに火器による事故)にはくれぐれも気をつけて大いに楽しみましょう。
19_07_img

2019年06月01日(土)

年号が令和に改まって1ヶ月が経過しました。この間、県出身力士朝乃山関の大相撲幕内最高優勝(令和最初、米国大統領杯の最初の授与者でもあります)という明るいニュースもありましたが、大きな事故や事件も次々と起こり、心が痛みます。将来のためにいろいろなことに真剣に向き合って、解決のために一所懸命にそして前向きに努力していくしかないと改めて感じております。

さて、5月29日の滑川高校の健診をもちまして、市内小・中学校9校と高校1校の併せて10校(のべ14回)の春の健診が無事終了しました。午後の診療開始の遅れなどで多大なご迷惑をおかけしましたが、皆様のご協力に心より感謝申し上げます。秋(10月)には来春小学校入学予定者を対象とする健診も控えておりますので、皆様のご理解・ご協力をあらためてよろしくお願い致します。

2019年05月13日(月)

今月1日に新たに天皇陛下が即位され、年号が「令和」に改まりました。上皇陛下がご健勝であらせられることもあって、新たな時代の始まり純粋にお祝いできる素晴らしい出発になったと思われている方も多いかと思われます。
ただ、残念ながらそれに水を差すようなことがいくつか・・・。国際的なことや経済については流動的なことが多く口を挟むこともできませんが、身近なこととしては幼子たちの安全・安心が如何に危機に瀕しているかという問題に日々心を痛めています。滋賀県の交通事故をはじめ、「周囲は安全に十分配慮していたのに」とか「まもなく安全のための工事が予定されていた」とか関係者の方のご努力が及ばない不幸な事故が後を断ちません。実は交通安全や事故防止だけに限った事ではなく、「幼児教育無償化」を急ぐあまり、これまで「規制」と呼ばれ敬遠されがちだった子供たちの健康を守る「安全弁」としての法的約束事がいろいろと撤廃され、預かる側に有利に変えられていることに気づいていない方々が意外に多いように思います。「預かってもらえるからそれで良い」「こどもを預かってもらえる場所が増えれば良い」という問題ではないはずなのですが余裕が無くなっている現代社会の縮図がそのまま反映され、親御さんだけでなく地域住民(場合によってはもっと広い範囲で)も一体となった安全・安心への取り組みが不断に行われないと、本当の安全・安心は得られないという現実をお忘れではないでしょうか。最も大事な協力して子供たちを守るという大事を今一度直視して、より良い令和の時代にすることを考えてみませんか。

診療時間
受付時間
午前 9:00 ~ 12:00
午後 2:00 ~  6:00

土曜日午後は5:00まで休診日 木曜・日曜・祝祭日